ヤリイカとスルメイカのテクニック

仕掛け
基本的にプラヅノ11cmを使います。種類も色々ありますが好みの問題なので自分の好きな物を使って下さい。配色で必ず使ってもらいたいのが蛍ムラ、青、ピンクの3色です。他の色は好みによって使って下さい。
ヤリイカの
テクニック
ヤリイカは他のイカと比べると深場で釣るので潮の流れの影響を受けやすく、スルメイカに比べるとアタリが小さいので乗りが分かりつらい時があります。しゃくった後に必ず、竿を止めて、じっと竿先から目を離さずに見て下さい。小振りのヤリイカでも必ず、竿先に変化が出ますので、待たずに、巻いて下さい。多点掛けの場合はヤリイカがやる気マンマンですので、3ハイ、4ハイと付きますが、乗りの悪い場合は、待っているとバレてしまいます。必ず、乗ってイカをばらさずに、上げましょう。探る範囲は何も指示がない時でも最低10m位は探って下さい。まれに宙層で乗る時があるのでその時は船頭が指示を出すのでそれに従って下さい。また、他の人が続けて釣っているのに自分だけ釣れない時は自分の仕掛けだけ潮下に行っていると思って下さい。そんな時は潮先に落とす為に最低でも水深の半分は巻き上げて落とし直してみると釣れる場合が多いですよ。面倒がらずに必ず実行して下さい。
ヤリイカの
裏技
水深が深いので群れの所まで如何に早く落とすかが釣果を左右します。宙層の時に一旦海底まで落として探って来たら群れが居なくなってしまう事もあるのでそんな時は指示されたタナの近くになったらスプールをサミングしながら誘う様に仕掛けを落として行くとフワフワした感じで乗って来る事が結構あります。普通に釣っている時でも落とし込みで乗る事があるので着底近くになったら、サミングしながら落とすと結構乗って来ます。そしてシャクリ疲れたらツノの動きをイメージして急緩を付けて手で巻き上げてみて下さい。これも以外と良く乗って来ますヨ
スルメイカの
テクニック
タナが結構、広範囲なので、指示されたタナの間をシャクっては巻き、シャクっては巻きで、素早く探ります。足がけっこう丈夫なのでイカの中では1番強めにシャクっても切れることはあまりありません。乗りもイカの中では1番分かり易く、ズッシリと重くなるのですぐわかります。イカが乗ったら最初の10m位は追い乗りをさせるために巻きながら小さく竿をシャクってやって下さい。巻き上げ速度は中速でOKです
スルメイカの
裏技
スルメはタナが広く群れの移動も速いので落とし込みで乗せてしまうのが1番のテクニック。指示されたタナの上部からリールを指でサミングして段をつけて仕掛を踊らせながら降ろしていきます。イカが乗ると糸がふける感じがしますので、すかさず巻き上げます。この方法は、楽だし、群れの移動が速い時などは特に有効です